Doctrine2でMySQLのレプリケーションを設定する

はじめに

こんにちは、イメージ・マジックのもあいです。
弊社のシステムで、工場の生産を管理する生産管理システムがあるのですが、このシステムのデータベースはレプリケーションを行っており、読み取り専用のスレーブが存在します。
Symfony 4.1で生産管理のWeb開発を行っているのですが、レプリケーションの設定で調査を行った結果を記載したいと思います。

Doctrine2について

Symfony 4.1で使用するORMなのですが、Symfony専用というわけではなく、汎用的に使えるORMです。Doctrineの意味を調べてみるとちょっとお堅い感じの意味が出てきたのにはびっくりしました。

マスター/スレーブ構成とは

MySQLでは大分昔のバージョンから使えますが、一つのマスターDBと複数のスレーブDBからなるシステムで、スレーブは基本的には書き込みができません。スレーブDBに参照クエリを集めることにより、マスターDBの負荷を分散させることができるため、システムのスループット向上が見込めます。

Doctrine2の設定

doctrine.ymlにSlave設定を追加するだけで、現在のバージョンでは使用することが可能です。
slavesの配下にslaveのDB設定を追加すれば、スレーブを増やすこともできます。
現在のDoctrine2(2.5)ではこれだけです。

        connections:
            default:
                driver: 'pdo_mysql'
                charset: utf8mb4
                default_table_options:
                    charset: utf8mb4
                    collate: utf8mb4_general_ci
                    row_format: dynamic
                dbname: 'dbname'
                user: 'db_user_name'
                password: 'db_user_password'
                host: 'db_master_host'
                port: 3306
                slaves:
                    slave1:
                        charset: utf8mb4
                        dbname: 'dbname'
                        user: 'db_user_name'
                        password: 'db_user_password'
                        host: 'db_slave_host'
                        port: 3306

これだけで、selectはスレーブ、update/insertはマスターを参照するようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です