Slackのポストをリリース作業のチェックリストとして使ってみる

こんにちわ、サボっていて久しぶりにブログを投稿するURAです。
現在、maker town というデザインシミュレーター付クラウド型オンデマンドEC(長い!)なるものを開発中です。
maker town自体についてはまたの機会にご紹介するとして、今回はmaker townのリリース作業で煩雑に感じていた部分を、最近ちょっと改良してみたお話をしたいと思います。

前提

  • GitHub Flowを採用している
  • 機能追加・バグ修正をある程度まとめてリリースすることが多いため、事前にリリースする対象のリストを作っている。
  • リリース対象のリストはSlackで共有していた(リリースが終わったら流れてもOK)

問題点

  • プルリクエスト(PR)を出す人とリリース作業をする人が同じとは限らないため、すべてのPRのレビューが済んだのかが、リリース作業をする人から見て分かりづらい。
  • GitHubでリリース対象すべてのPRがCloseしたかチェックする作業が無駄。
  • リリースする人以外から見ても、リリース作業の進捗が分かりづらい。

解決策

Slackで共有していたリリース対象のリストを共同編集できるようにして、PRのレビューが済んだらチェックを付けて進捗を見える化する。

Slackのポスト機能をリストの共同編集に利用する!

「知らんけど、Slackになにかしら共同編集するための機能あるでしょ?」と言ってみたところ
たにすぎ池田がSlackのポスト機能を探してきてくれました。グッジョブ。

Slackのポストの使い方

1. 左のショートカットボタンから「ポスト」を検索して選択する

2. リリース対象のチェックリストを作成

3. 右上の「共有」を開いて「他のメンバーの編集を許可する」にチェックして共有

まとめ

改良したばかりでまだリリース作業がラクになったかは分かりませんが、運用しやすくなるよう開発フローは継続して改善していきたいです。
カテゴリー: URA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です