Integer型の変数がNullかどうかチェックするのはなぜ?

クロハです。 前回のPHPの初歩的な部分に躓いた話に引き続いて、たぶん今回もプログラム経験の浅い人向けの内容です。

事の発端

唐突なのですがJavaのソースの改修をしているときに次のような条件分岐に改修する必要な場面に遭遇しました。

// Hogehoge.hogeId はInteger型の変数 private boolean IsHoge(Hogehoge hogeEntity) { Integer hogeId = 0; if(hogeEntity.hogeId != null) { hogeId = hogeEntity.hogeId; } /** 以下割愛 **/ }

内容としてはhogeId に0を代入しておいて引数のhogeEntityクラスのhogeIdがNullじゃなければhogeIdに代入するというものです。他のプログラムの書き方を見ていて思いついた処理ですね。 ちなみにこの割愛している部分の処理でDBに接続してレコードを検索するのですがフレームワークの都合でhogeIdがNullだとwhere条件句からhogeIdの指定条件が消えてしまうのでhogeIdが異なっても他の条件に一致していればレコードがヒットしてしまうという事情があり上記の条件分岐と代入処理が必要でした。 この時「int」と「Integer」の違いを知らなかった私は「Integerってつまりintでしょ?nullにしようにも0しか入らなくない?」と最初は思っていました。
その後、「そもそもintにnull入れようとするとNullPointerExceptionが出るから0にすらならない..?」とか色々自分の中でも矛盾が発生したので気になって調べた、というのが今回の事の発端です。

「int」と「Integer」の違いとは

ざっくりと書くと
  • int → プリミティブ型
  • Integer → 参照型(intのラッパークラス)
ここで上記の条件の理由が分かった人はプログラミングを基礎からちゃんと理解できてる人だと思います。(というか「int null なぜ」とかググったりしないですよね..) 話を戻します。 まずラッパークラスについてですがこれも言い換えれば「基本のデータ型やオブジェクトを使いやすくするためにメソッドなどを追加したクラス」です。 あまりいい例が思いつかなかったのですが洗濯機を例にします。 洗濯の工程として 対象を投入する→洗う→干す(乾燥する)→畳む を想定すると 普通の洗濯機(基本のデータ型)では投入された対象を洗う機能しかないとなると乾燥以降の手順を自前で行う必要があります。 しかし乾燥機能付きの洗濯機(洗濯機のラッパークラスとする)であれば洗う→乾燥までの工程を洗濯機側でやってくれるので人間は対象の投入と畳む工程をやればよい、という感じですね。文明の利器バンザイ。 次にプリミティブ型と参照型についてですが、 プリミティブ型→値を持つ 参照型→メモリ上の値が格納されているアドレスを持つ という違いがあります。 こちらの記事 に良い具体例があったので引用させていただくと
int a = 1;
int b = a; // bにはaの値:1が格納される
a = 2;

Systemout.println(a); // 2 が出力される
Systemout.println(b); // 1 が出力される

int[] a = {1, 2, 3};
int[] b = a;
a[0] = 0;

Systemout.println(a[0]); // 0 が出力される
Systemout.println(b[0]); // 0 が出力される
int[] b = a の箇所ではint配列aと同じアドレスを見ているためaの値の変更が反映されていますね。 雑な結論ではありますが値が格納されているアドレスを見ているので「値の入っている場所(アドレス)が指定されていない」という状態が参照型におけるNullなのだと個人的に解釈しました。

終わりに

さて、そろそろ話を締めます。 今回学んだことを踏まえて発端となった条件分岐を考えると 引数のHogehogeエンティティのhogeIdがNullの場合は Hogehoge.hogeId に入る値のアドレスがない=アドレスが指定されていない=Null となることがあり得るということでした。 自分の備忘録的な部分がメインですが同じような疑問を持っていた方の助けになればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です